« IC-7000シリーズ の外部KEYPADの製作 | トップページ | 発電機の故障(ホンダ EX900) »

2012年7月25日 (水)

お手軽?(手抜き) ダミーロードの製作

ダミーロードの製作?です。

随分前に、200Wリニアアンプ(HL-200Bdx)を手に入れましたが、実はまだ通電をしたことがないのでした。(汗)

http://sen.air-nifty.com/new_blog/2007/11/post-4c7b.html

というのも、200Wクラスを常時流せるダミーロードがなかったので、、、そんなこんなで、局免許も100Wのままでした。

さて、折角リニアがあるので、200Wに局免許をQROしようか? それとも、入手して数年間リニアを使うこともなく、100Wでやってたので、動作確認を行った後に売り飛ばそうか。。。。

いずれにしても、先ずは電波を出さずに動作確認が必要ですね。

てなわけで、200W以上でも使えるダミーロードを作ってみました。

材料は次の通り。

・酸化金属皮膜抵抗 2KΩ/5W  40本

・少々の長さの5D-2V (ありあわせ)

・ペンキの缶(800cc) 1個

・M型コネクタ 1個

以上で約 2,500円でした。

一番高かったのが、40本の抵抗でした。(苦笑)

本当は、1kΩ/5Wを20本で作ろうと思ってましたが、電子工作部品やさん(サトー電気・川崎店)に1kΩ/5Wの酸化金属皮膜抵抗が欠品してたので、2kΩ/5Wを40個も買う羽目になりました。

1kΩ/5Wを20本で作れば、1,500円くらいで出来たんですけどね、、、

5Wを並列40本なので、単純計算では耐電力は200Wになるのですが、そのままでは、200W流すとかなり熱を持つので、ペンキ缶にオイル(サラダオイルでいいや)を入れて油冷することにします。熱を逃がすことで、耐電力500W以上はいけそうかも。

で、作り方(説明する必要が無いほど簡単です)

先ずはペンキ缶の蓋にホールソーでφ16の穴をあけ、リーマとヤスリでバリ取りを行った後にM型コネクタの取り付けます。

Dl200w_futa

抵抗40本を並列に同軸ケーブルへ半田付けして取り付けたものをペンキ缶の蓋に取り付けたM型コネクタに半田付けします。

(半田付けが下手なので、じっくり見ないでください)

Dl200w_r40_assy

最後に、アンテナ・アナライザでVSWRとインピーダンスの確認をして完了です。

Dl200w_kansei

(おっと、まだ油冷用の油が入ってませんね)

飲みかけのビールは、ダミーロードの大きさが分かるように置いてみました。

(本当は飲みながらやっていました、、、汗)

見ての通り簡単な作業です。

本当は無誘導抵抗を使い、周波数補正板をつけてあげれば完璧なのですが、お手軽無調整、そして安価に出来ることが目的で、出来上がったものもHF~50MHzくらいまでなら実用レベルに出来上がるので面倒な作業はしないことにしました。(笑)

前に、同じく酸化金属皮膜抵抗(390Ω/5W)を8本で耐圧40Wの簡単なダミーロードを作りましたが、これが中々重宝しております。(見栄えは悪いですね)

Dl40w

1.9/3.5/3.8/7/10/14/18/21/24/28/50/144MHzまでアンテナ・アナライザで測定したところ、50MHzまでならVSWR(1.1以下)もインピーダンス(50Ω前後)もOKでした。

以下、測定写真です。(HF~50までは大きな変化が無いし、枚数も多くなるので、1.9/14/50/144のみ掲載)

1.9のVSWRとインピーダンスです。

1r9vswr 1r9z

14のVSWRとインピーダンスです。

14vswr 14z

50のVSWRとインピーダンスです。VSWRが1.1まで上がりました。

50vswr 50z

144のVSWRとインピーダンスです。やや高くなってきましたね、、、

144vswr 144z

144MHzでは、VSWRが2.0くらいまで上がり、インピーダンスも75Ωくらいになってましたので緊急用という感じでしょうか? とりあえず、144MHzでは200Wなんていうハイパワーは無いので、当初の目的通り、HF~50MHzで使おうと思ってます。

最後に、油ですが温度上昇した場合に体積が増えたり、ガスになったりでペンキ缶の蓋が外れないかな?と少々心配です。ガス抜き穴をあければ大丈夫ですが、油漏れが起きると厄介ですし・・・・  まぁ、使ってみて駄目なら考えるとします。

次は、時間が出来たらリニアの動作確認を報告いたします。

« IC-7000シリーズ の外部KEYPADの製作 | トップページ | 発電機の故障(ホンダ EX900) »

コメント

QROですか、いいですね
オイルの代わり(?)にビールを使用する
これをスコッチにするとKWにも耐える
ってこたぁ無いよね Hi Hi

●skyさん
はい、QROするか? リニアの状態を確認してオークションにでも出すか?
いずれにしても、200Wで充分テストできるダミーロードが前から欲しかったのでした。

出来栄え?というか、懸念事項を帆近所さんに伺ったら、ペンキ缶が小さすぎとのご指摘を。(汗)
3L缶くらいに買い換えて製作しなおしを予定。
現状のまま試しても良かったのですが、油に漬けると改造する時にベタベタで大変ですし、、、、
という状況でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IC-7000シリーズ の外部KEYPADの製作 | トップページ | 発電機の故障(ホンダ EX900) »