« 木製棚のDIY (無線機の棚) | トップページ | 長女、骨折! »

2013年10月17日 (木)

TRIO(KENWOOD) TV-506 のテスト

信頼できる動作品のTRIO(KENWOOD) TV-506 を譲っていただきました。

Tv506_test

で、昨夜動作確認。

電源ON⇒OK

受信⇒OK

送信⇒8W(定格どおりOK)

変調⇒ご近所のAさんにモニターしていただきOK

ってことで、これでTS-820+TV-506で6mも遊べます!

テスト終了後、親機(TS-820)の電源入れたままTV-506(電源OFF)から制御ケーブルのコネクタを引き抜くと・・・

バチン!

コネクタのピンに指が触った様で、数十年ぶりに感電しました!(汗)

Photo_2

この電気火傷・・・ 結構痛いです。

指紋が無いのは、生体情報なので画像処理で消しました。(笑)

えーっと、親機(TS-820)はファイナルは真空管(S2001A×2本で800V)なんですが、TV-506はトランジスタ(2SC1307)なんで完全に油断してました。

接続時は感電や機器の故障を考えて電源OFFで接続したのですが、抜く時は横着してトランスバータのみ電源OFFし、親機は電源ONのままで身体で電圧テストしてしまいました。(滝汗)

TV-506側に刺さったコネクタを抜いて感電したのですが、TS-820から制御ケーブルへは何V流れてるのかな? かなり凄い刺激的な感電でした。(左人先指先からわきの下までビリっときた)

もう一度考えてみよう・・・

TV-506を動作させるためには、TS-820のヒータはONにします。

ヒータをONにしてないと動作しない、でも、TV-506の電源をONすると親機はトランスバータモードになり、HF(28MHz)の送信はしないように切り替わる。TV-506へは当然微弱電力しか送ってないはず。

あれ? そっか、コネクタを抜く時にTV-506の電源はOFFしてからケーブルを抜いたから、親機はトランスバータのモードが解除されていたのか? で高圧が流れる?

それとも、単純にAC100Vが来ていたのか???

とにかく、痛かった!(苦笑)

皆さんも、横着せずに古い機械を扱う時は電源をOFFしてからやりましょう!

また、コンデンサに蓄電されている電気が放電されてから触りましょう!

すっかり、トランジスタ(FETも)のリグに慣れてしまって感電なんて気にしてなかったけど・・・・

って、横着するのは私くらいでしょうあねぇ。すみません、、、反省。

追伸・・・

 昨年のハムフェアで購入した動作品のTV-506ですが、ケーブルが無くて帰宅後に動作確認が出来ていませんでした。

親機のTS-820も動作品として購入しましたが、結局ジャンク品(ファイナルは生きていて100Wを確認)で同じところから購入したので期待薄・・・

今回譲っていただいたTV-506のケーブルを使って動作確認をしてみたら、受信はOKでしたが送信は4W程度しか出ませんでした。やっぱりジャンク品か?(汗)

同一購入のスピーカ(SP-820)はスピーカなんで問題なしかと思ってたら、音が出ない!(爆) たまに音がジリジリとノイズ交じりで出る。接触不良? フィルタ回路(たいした回路ではないけど)で何か故障? そてろも、半田付けの経年劣化での接触不良か?

動作品と言っても、販売店からではなくハムフェアの様な半ば個人売買の様なブースで通電展示されていないものを実際に電源入った状態を見ないで買うのは結構リスキーですね。

でも、二日目(最終日)ということもあり、リスク高かったので滅茶苦茶な値引交渉をして驚きの価格?(笑)で買い叩いたんだけど・・・

ローカル曰く、中古動作品のTS-820のCWフィルタとS2001Aを2本買ったらジャンクのTS-820本体が着いてきたと思えば安いもんジャン!と言っていたので、なるほど!と納得。

これで、TS-820とTV-506のジャンク品が一個ずつストックされちゃいました。

部品取り様に手元に置いておくか、ジャンク品として売却するか思案中。

SP-820は修理してみるか、外見の程度も良くないので、再度中古を探してからジャンクとして売却かな・・・

長い追伸だこと。(笑) 愚痴モードだしぃ、、、

« 木製棚のDIY (無線機の棚) | トップページ | 長女、骨折! »

コメント

おお、きつい電撃一発
気を付けましょう、サイレントキーにならぬように

トランスバーターは石ですか
私が昔使ったFTV-650は球でした
シングルからパラになっりましたが
最後はジャンクとして知り合いにQSY

●skyさん
はい、数十年ぶりに感電して「危ない!」ってことを思い出したので今後気をつけます。
FTV-650ってのは、開局した30年ちょっと前の当時は6mでは未だ使われていた人も極たまにいた気がします。
FTDX400ラインですよね。実際に実物を見たり触ったことは無いです。
その後のFT-101ラインのFTV-650Bの方が時代的に多かったかな。
親機は何だったのでしょうか?
母校にはFT-101ESがあり(FTV-650Bは無かった)、CWFも入っていて生まれて初めて”♪コォー!”って音の中でCWを聞き(笑) 、自分のCW歴が始まりました。

親機ですが親父の持ち物でFLdx-400/FRdx-400でした
私は就職先(大阪・池田)でFT-400Sで遊んでいました
その場所からJフォさんとQSOしていました
45年前の出来事らしい‥

ご無沙汰しております。

俗に42V(死にボルト)とも言いますので、気をつけてくださいね。

DCだと殴られたような衝撃ですから、ビリビリならACなのでしょうか?
普通の火傷と違い、感電火傷は深く火傷していますから、しばらくは跡が残りそうですね。
まぁ、無線家の勲章みたいなものですね(笑)

●skyさん
お父様もハムだったんですね。って言うか、skyさんが二世ハムなんですね。
うちのNETやJFPみたいなもんですか?(レベルが違うか、スミマセン)

●jn1vxtさん
触った瞬間、バチン!という感じでビリビリ刺激が一気に脇の下まで走りました。
感電火傷の痕・・・・無線家の勲章ですか? ただのオッチョコチョイの目印かも。(笑)

私もその昔、学校にあったFTdx400のファイナルいじってたら感電しました。
右手で触ったのに左手指先で放電!
今思えばあの世に逝ってもおかしくなかったかも。その人しばらく気分が悪かった覚えがあります。古いリグ触る時は気をつけないと。電源OFFでも大容量Cは要注意です!

●NLNさん
やっぱり、その昔やってましたか。
私も昨日は感電後、精神的なことだと思いますが何か具合悪かった。
心臓の辺が気のせいか痛いような痛くないような・・・(汗)
そう、電源OFFでも数分放置してCぬかないとね、スーパーキャパシタか!って感じ。(笑)

親父は戦前からプロ通信士でした
私が受験時は通信術(欧文)は教えて貰いました
ハムはしていなかったので二人揃って開局申請しました
続きコールでしたけど‥
7で和文を打つのが好きだったようです

●skyさん
お父様と一緒に開局だったのですね。
うちの子供たちは、どうも無線に夢中になるところまではいかず、、、
チチの勝手な願望、、、、
いつか親子でコンテストをガチンコで戦うか、一緒にコンテスト(二波部門かマルチオペ部門)参戦してみたいですが、難しそうです、、、

じゃぁ、子供達の代わりにおじさんが来年一緒に二波部門出ましょうか(笑)!

●NLNさん
ははは、では近所のオジサン!よろしくお願いします。(笑)

おお、いつの間にか
カウンターが10万越えじゃん

●skyさん
はい、数日前に99900になったので気にしてましたが、更新サボってるんで見てくれている人が一日数十人。
ってことで今日(既に昨日か)になりました。
来訪者の皆さん、ありがとうございます。
来訪者が多いブログではありませんが、書き始めて8年強、とりあえず継続しております。
実はHPも未だ残してありますが、こちらは既に10年以上更新していません。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 木製棚のDIY (無線機の棚) | トップページ | 長女、骨折! »