« 古いリグの動作確認! | トップページ | ATUエレメント(OHM-6501ATE)の改造 »

2016年10月 2日 (日)

TS600の動作確認

今週はTS600の確認です。

とりあえず、前回同様に50.490MHzのビーコン(東京大田区)をS9+で受信できました。

TS820+TV506よりSメータが振りますね。やっぱりTV506の取説に記載されていた通り、トランスバータだとSは振らないのかな、、、、

Sメータが振ってる(メータが軽い)だけで、感度は今十かもしれません。ノイズすれすれの局で他の無線機で比較したいですね。

さて、懸案?になってた旧スプリアス品の今後についてです。

JARDで保証認定を受ければ引き続き使用できる機種については、先月第一弾が発表されています。

近々、第二弾が発表されるようですが、このTS600も先日のFT625Dもリストには掲載されません。(JARDに確認済み)

JARL登録機種リスト(最終版)に掲載されていない機種は新スプリアスの確認はしないそうです。

リストにないリグで要望の声が大きくなれば検討するとも。

TS600やFT625Dのオーナーさん、みんなでJARDへ要望しますか。ダメもとで。

で、どうにもダメな場合は、自分(他人や法人でも可)で測定してスペアナ画像添付して申請か、JARDで有料で確認はすると。

不合格ならボツ。受信機として遊ぶしかないですね。

で、うちのTS820ですが、100W改造(パワーアップキット他使用)してTS820V改S仕様になってます。

JARDのリストを見ると、運よく?TS820Sは記載されてます!

が!!!

TS820S=TS820V改S仕様

 

ではない!

とのことで、新スプリアス合格品として保証認定は受けられないと!

測定に4万円くらいかかる(JARDでの場合)し、うちの個体で不合格になったら申請できません。(汗)

4万円あれば、TS820Sが購入できますね。そっちの方が安いか?

”TS820S”の銘板だけジャンクから剥がして貼りなおすか?(爆)

時間があるので早急に動きませんが、悩ましい問題です。

« 古いリグの動作確認! | トップページ | ATUエレメント(OHM-6501ATE)の改造 »

コメント

この制度開始前でしたか
色々な機種を集めてテストしていましたね
その時に送っておけば対象に入ったかも知れませんね
無理して使用する事も無いかもね
悩ましい事で、大変でしょう

●skyさん
事前のテストの時の募集リストは記事に書いた通りJARL認定機種(最終版)で募集したそうで、認定機種から漏れているものは基本的にやらないらしいです。
それ以上古い物までとなると数が多すぎて。
と言うのがJARDの回答でした。
まだ時間があるので、要望が多数寄せられれば検討するとも。
あとは個々人で測定依頼して合格なら、その個体は保証認定されると言う流れです。
これだと費用がかかり過ぎなので、古いリグを多数持っている人には現実的ではない気がします。
複数台通すとなると、自前で測定環境揃えたほうが安いかも?
合格するかは???ですが。汗

はっきりした事はわかりませんが、JARDとTSSと扱いが違うみたいですよ。

ざっくり言うとJARDはデータ重視、TSSは宣言重視?(=従来通り)、総通は保証機関が認定すればOKみたいな。
まぁ、今までもスプリアス基準が無かった訳ではなく、自分で基準内と宣言すれば保証認定していた訳で、校正もまともにされていないスペアナのデータを添付しても何の裏づけにもならないですからね。
要は何を以って保証認定をするかそれぞれの機関のスタンスの差のようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古いリグの動作確認! | トップページ | ATUエレメント(OHM-6501ATE)の改造 »